トミタの歴史TOMITA HISTORY

HISTORY沿革

1970's

  • 1979.1事務所設立

    3坪の事務所開設。
    代表取締役 冨田 義喜 8月建設業登録。

1980's

  • 1980.2初代取締役急逝

    2代目として冨田鉄夫代表取締役就任。

  • 1981.3新事務所移転

    下関市彦島福浦3丁目。

  • 1981.5初めての社員旅行

    会社創立初めての社員旅行。立山の宇奈月温泉駅にて。

  • 1982.5水道工事店認定

    下関上下水道工事指定工事店認定される。指定51号。

  • 1985.2事務所移転

    事務所移転、4年後の事務所まえにて。

1990's

  • 1990.10来社放送

    TOTOとKRYラジオにて、10秒コマーシャルに使命され、来社放送される。

  • 1994代議士安部氏

    町内の役員をしてたころに、安部さんが代議士になり行事に参加しました。

  • 1997.9下関市下水道展にて

2000's

  • 2000.12本店移転

    本店移転 下関山の田東町13-26

  • 2002.2取締役就任

    冨田 一雄取締役に就任。

2010's

  • 2010.7社長就任

    2代目取締役辞任。3代目代表取締役 冨田 一雄就任。

  • 2013.4社内旅行

    熊本社内旅行。

  • 2014.6社内旅行

    沖縄社内旅行。

  • 会長冨田 鉄夫

    創立40年にあたり日々大事に
    これからも感謝を忘れず。

    昭和53年7月私は事前準備なしの状況で起業し、時代は右肩上りの好景気で取り残される不安を感じつつ、人の口を借りればもって半年等と風評されながらの船出で、すべてが無いものばかりでした。
    不安に思った私の長兄が自分の職を辞して初代代表に就任、未知の仕事の為、心痛の為、半歳で急逝。(心臓麻痺)しかし半年でしたが会社の組織の礎を築いてくれました。
    これまで多くのお客様と仲間、スタッフに助けられ継続することができ、今を有ることに恵まれ、創立40年にあたり日々大事にこれからも感謝を忘れず、皆様のお役に立つ会社として努力してまいります。

  • 社長冨田 一雄

    未来永劫続く
    魅力的な会社にすることを目指して。

    前社長(父)より会社を引き継ぎ早いもので7年が経とうとしています。この7年の間に様々な出来事がありました。今私の中で感じていることは、先代には敵わないということです。なにも敗北宣言をしているわけではありません。先代には先代の役割、後継者には後継者の役割があるということです。
    先代には1から切り開く圧倒的な力がありました、私にその力はありませんがそれを守り、少しづつ伸ばしていく地道な力があると思っています。そしてそのバトンを次の世代へしっかりと引き継いでいくことが、最終的な私の使命だと考えています。
    冨田工務店を未来永劫続く魅力的な会社にすることを目指して、地に足を付けて一歩一歩、前へ前へと推し進めてまいります。これからもご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願い致します。